10月 15

以下の「フォーラム;私教育と公教育」の企画で、結城忠さん、田村哲夫さんに、インタビューを務めることになりました。
関心のある方はおいでください。

この問題についての私の考えは、国の管理からの教育の完全自由化をめざすべきだというものです。
市場原理に任せるという意味での自由化ではなく、市民・国民の主体性に任せるという意味でのものです。
そして教育の目的とは何よりも、自立した市民を作ることだと考えます。
おかしなことがある時は、その解決に立ちあがり、ねばりづよく、努力していける強靭な精神と能力を持った市民を作ることです。
権力などにモノが言えないようでは話になりません。

————————————————–
「フォーラム;私教育と公教育」 第30回 研究会開催のご案内

私教育と公教育の今日的状況と未来について、さまざまな角度から考えてまいります。
「『フォーラム:私教育と公教育』の再開に当たって」をお読み頂き、
ご関心のある皆さまに広くご参加頂きたくお願い申し上げます。

今回のテーマ 日本の私学のレーゾンデートルを問い直す

第1部 「私学の独自性とは何か」 〈13:30?14:50〉
『フォーラム:私教育と公教育』 代表  結城(ゆうき) 忠(まこと)
国立教育政策研究所 名誉所員*【第14期】日本教育行政学会 会長

第2部 「私学がより『私学』らしくなる為には」〈仮題〉 〈15:00?16:00〉

渋谷教育学園 理事長 田村哲夫さん
〈通称〉「渋幕」&「渋々」 校長,東京医療保健大学・大学院 理事長,日本私立中・高蓮(元)会長。公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター理事長*一般財団法人教員養成評価機構 理事長。「心の習慣」(東京書籍),「アメリカの反知性主義」(訳書)(みすず書房),中公新書ラクレからも

第3部 鼎  談「日本の私学の可能性と限界について」 上記おふた方に中井浩一さんを加え  〈16:10?17:30〉〈予定〉
中井浩一さん・・・教育ジャーナリスト・哲学者 著書「高校が生まれ変わる」「大学入試の戦後史」「徹底検証 大学法人化」「論争・学力崩壊」〈いずれも中央公論社刊〉他多数

日 時 19年10月26日〔土曜〕 13時半?17時半  受付開始予定 13時?

会 場 麹町学園女子中・高 視聴覚室

参加費 教育関係者<学校関係教職員,塾・予備校,教育関連企業の方々>・・・¥1,500
学生他、一般の方・・・¥500〈領収書は原則としてお出ししませんので、何卒ご了承下さい〉
当日、会場受付にて申し受けます。<郵送費用*資料代+諸雑費として>

アクセス 「麹町駅」麹町口A3出口,半蔵門線「半蔵門駅」3a出口,又はJR市ヶ谷駅・四谷駅下車

定 員 75名<定員を越えた場合は、事務局よりその旨連絡させて頂く予定です。必ず連絡先を明記して下さい>
10月22日〔火曜〕を締切日とさせて頂きます。 それ以降については、下記〈?〉の問い合わせ先に直接お尋ね下さい。
★☆参加を希望される方は、必要事項をお書きにになって送信して下さい。

申込方法 参加ご希望の方は、お名前・所属・連絡先<メール・アドレスor携帯No.orFaxNo.等>を
必ず明記の上、??の順でご連絡ください。    
?E-mail zwt01362@nifty.ne.jp <平林>
?〈FAX〉047-355-4552<青沼>   ?のzwtの後は、数字のゼロです   所定の書式はありません。不悪ご了承下さい。 又、参加申し込みの応諾の回答は割愛させて頂きたく存じます。諾否について、ご心配の方は、?までお尋ね下さい。〈メールのみ対応可〉〈申込み日から、5日後以降に〉
問い合わせ先 090-6526-0378 <平林>・・・先ずは、ショート・メールにて、ご用件を。

★私学関係者*学習塾関係者*私教育関係者*教育関連企業*公立学校教職員*
その他教育に関心のある学生等、一般市民の皆さまのご参加をお待ち申しあげております。
       『フォーラム 私教育と公教育』   
事務局長 平林 一之 「進路指導研究会」(前)代 表
同 補佐 早坂めぐみ (秋草学園短期大学講師)

————————————————–
『フォーラム:私教育と公教育』の再開に当たって
                                 代 表 結城 忠(国立教育政策研究所名誉所員)

1988年、「補習塾」の塾長有志と上記「フォーラム」を立ち上げ、以来、国立教育研究所を会場として20年有余定期的に研究会を重ねました。1986年から87年にかけて国立教育研究所が実施した「学習塾に関する総合的調査研究」を直接の契機としてのことです。この間、たとえば、次のようなテーマにアプローチしました。公教育、とくに義務教育制度の本旨とそれにもとづく限界はどこにあるのか、わが国の私学は公教育機関として位置づけられているが、「公教育機関としての私学」と私学に本来期待される独自性との関係はどうなるのか、「私学の自由」と私学助成の関係は如何に、諸外国には類例を見ない「学校と塾の教育の二重構造」はどのような課題を孕んでいるのか、塾はわが国の教育において現実にどのような役割を担っているのか、いわゆるフリースクールやオールタナティブスクールは義務教育制度との関係でいかに位置づけられるべきか、始源的な教育権者である親は本来、公教育制度の全体構造の中でどのような位置を占めるべきなのか、今日、アメリカでフォーマルな教育として認められているホームスクールは、わが国の文脈でいかに評価さるべきか、・・・等々。

成熟した市民社会においては、「教育における価値多元主義」を前提に、公立学校教育、私学教育、私教育はそれぞれ独自の役割をもつ教育の営みとして位置づけられ、総体として、多彩で豊かな教育景観を呈して然るべきだと考えますが、果たしてわが国の教育現実にあってはどうでしょうか。「国家の学校教育独占」とその裏腹の「教育の自由」の原則的否認という、明治憲法下の法制度原理の残映が今日に至るもなお教育の随所で色濃く影を落としているように、私には見えます。わが国における公教育と私教育の有りようをめぐっては、検討されなくてならない重要な課題がなお少なくないと言えるのではないでしょうか。

もとより、教育は永遠に未完の改革課題に属しています。「教育の市場化・自由化」と「教育における国家管理強化」の雁行という政策動向の中にあって、旧来の「官治・集権・閉鎖」型の教育行政・学校教育から「自治・分権・参加」型のそれへの構造転換という時代的な要請を踏まえ、細やかですが再び、わが国における教育の有りようについて共に考える機会がもてればと思います。

1月 24

大学入試センター試験が2020年から大きく変わります。
この点について、取材を受け、意見を求められることが増えてきました。
この1ブログでもはっきりと見解を出しておきます。

以下は『こら、慶応』(2018年12月29日刊行 宝島社)というタイトルの慶応大学の「裏ガイド」の取材を受けた内容のラスト部分です。
以下は、私が書き足したものです。

————————————————–

大学入試センター試験の改悪

2020年から現行の大学入試センター試験に代わって大学入学共通テストが始まる。
記述式問題が一部で導入され、英語の4技能のための民間試験が使用されることなどが話題になっている。
しかし、私はこの改革には賛成できない。現実の深刻な問題を無視した、きれいごとでしかないからだ。

現下の日本の教育の最大の問題とは、経済格差の拡大、それによる学力格差の拡大である。
特に低学力層の学力低下が止まらないでいる。それへの対策こそが急務なのである。
したがって、入試改革の議論も、当初は高校生の学力を基礎レベルと発展レベルに分けて、それぞれの「達成度テスト」の導入が検討された。
従来のセンター試験は発展レベルであり、基礎レベルのテストの導入こそが真剣に検討されていたのである。

ところがいつのまにか、基礎レベルの方は消えていまい、「発展レベル」だけが、記述式問題や英語の4技能などできらびやかな装いをもたせられ脚光を浴びることになった。
これは本末転倒である。「発展レベル」は従来のままで問題はなかった。
本当は、大学全体が入試における3段階に区分され、ほとんどの大学から入試がなくなる方向に進むべきだったのだ。

それが、今回の改革(改悪)のように、現実の問題解決に役立たない、摩訶不思議なことが起こっている。

「学力低下」が問題になっているが、激しく低下しているのは、こうした改革を行おうとしている中央教育審議会の委員たちと霞が関の役人たち、政治家たちである。

今の日本の大人たちは、自らが問題を直視できず、問題解決の能力がないことを示している。
彼らは、戦後の入試改革の失敗の歴史、SFCの失敗から何も学ぼうとしていないのである。

1月 14

高校作文教育研究会の2月例会(2月17日(日))の案内です

高校作文教育研究会は、中井が関わっている高校段階を中心とした表現指導の研究会です。

年に3・4回の例会を開催しています。

関心のある方は、以下のブログから、研究会の活動の詳細を知ることができます。
また参加申し込みもできます。

高校作文研究会ブログ
http://sakubun.keimei-kokugo.net/

2月例会は、清教学園の「探究科」の実践報告です。
すばらしい実践です。
この実践の中心で活躍した片岡則夫さんと山本志保さんが、自らの実践を語ってくれます。
またとない機会です。

実は、私(中井)は清教学園のこと、「探究科」のこと、それに関わっている片岡則夫さんや山本志保さんのことを知りませんでした。
昨年の夏の終わりに、兵庫の藤本英二さん(『聞かせて?な 仕事の話』など著書多数)からすばらしい実践が行われていると教えてもらいました。
そして、大いに驚き、嬉しかったのは、片岡さんが私の『脱マニュアル小論文』の読者だったことです。
以下、片岡さんからのメールの引用です。
「実は数年前に『脱マニュアル小論文』を読み連絡をとってみようかと考えた時期があったのです。
『「聞き書きの力」 表現指導の理論と実践』も手元にあります。
といいますのも、多くの小論文の類書のなかで、中井氏のみが生徒自らの足元を掘り下げる指導をされていたからです。
論文は結局はそこからしかはじまらない、という考え方に深く共感しておりました。
いま手元の『脱マニュアル…』を開きますと、
「無関係な題材を書くことを許容しながら、注意深く、本人の『覚悟』ができるのを待つことが肝心だ」(p.96)
に傍線が引いてあります。
テーマ探しそのものです。
手紙を書く,フィールドワークする、みなタラントンでもしてきたことです。
お会いできる機会があれば喜んで参上します。」(引用終わり)
同志と巡り合えることの喜びを、今回は強く感じました。

なお、清教学園の応援団として、藤本英二さんと教育学者の小笠原喜康さん(『大学生のためのレポート・論文術』などで有名。2月には講談社現代新書で『中高生からの論文入門』を片岡さんと共著で刊行)が参加されます。

みなさん、ぜひ、ぜひ、おいでください。

1  期 日   2019年2月17日(日)10:30?16:30

2 会 場  鶏鳴学園
〒113?0034  東京都文京区湯島1?3?6 Uビル7F
ホームページ https://www.keimei-kokugo.net/
※こちらで地図をご覧ください

3 報告内容
「探究科」9年間を振り返る
大阪府清教学園(中学・高校)片岡則夫、山本志保

大阪府河内長野市に清教学園(中学・高校)というキリスト教系の私立学校があります。
この清教学園の探求科の実践です。
大学との連携コースの1クラス40人(年度により2クラスの場合もあり)が対象で、高2、高3の2年間かけて入念な指導を行い、最終的に四万字(原稿用紙100枚)の卒論を書かせます。
目的は「生徒が主体的な学びを通じて、学問の世界に触れるとともに、自らの賜物(才能、個性)を見いだし生かす」。
自分の関心にそって各自がテーマを設定し、その問題を論じます。
そのテーマ設定にも、その調査にも、論文にまとめる際にも、丁寧な指導がなされています。
調査とは、文献調査であり、フィールドワークや取材(聞き書き)までを行います。
文献調査のためには、図書館が大きな役割を果たします。
これは2008年度から2016年度までの9年間行われた実践ですが、この間に、「図書館を使った調べる学習コンクール」で13作品が8年連続で入賞。
最高賞の文部大臣賞などを3人が受章。
こうした授業を組織する上での様々な問題をどうクリアーしていったのか。
一般に探究学習の課題とされてきたのは以下の4つですが、それにどう挑戦し、どこまでが解決できたのか。
1.テーマが決まらない。
→何度でも変更すればよく、いずれは決まる。
2.論文作成をどう指導するか。
→ピースを基礎とした論文デザインの指導をまとめた。
しかしピース作成時にコメントが書けない
3.資料が行き届かない。
→図書館の充実とレファレンスで解決。
4.やる気が出ない・論文に意義を見出せない・興味に正面から立ち向かえない。
この4点は、こうした実践をすれば必ずぶつかる難問です。
参加者同士で互いの悩みを出し合い、その克服の方法をご一緒に考えましょう。
参加希望者には、あらかじめ資料などをお送りします。
それらに目を通してから参加してください。
(中井記)

4 参加費   1,500円(会員無料)

参加をご希望の方は、下記、お問い合わせフォームにて、開催日の一週間前までにお申し込みください。
https://keimei-kokugo.sakura.ne.jp/sakubun-contact/postmail.html

12月 08

大学通信の広報誌『ユニヴプレス』の2018年11月刊行の号で、中井の「文章力」についての取材記事が掲載されました。
全国の高校の進路・進学指導の先生方に読まれる雑誌です。

大学入試が2020年から大きく変わりますが、高校生に、自分の問題意識とそれを表現する能力が問われます。
それについての取材を受けて、中井が語ったことがまとめられています。

文章とは、最終的には「自分とは何か」に答えることです。
問題解決や、社会問題への取り組みは重要ですが、それもすべては自己理解から始まり、最後はそこに戻るのです。

このことを、指導者自身がどれだけ深く理解できるかに、その教育や指導の成否はかかっていると思います。

関心のある方は、以下をお読みください。

▽File_02 大学入試改革に向けて「文章力」を考える

File_02 大学入試改革に向けて「文章力」を考える

この記事を通して、全国の高校の先生方に、表現指導の意味と、それに関わることに求められる責任を伝えたいと思います。

そして、これに反応して、表現指導のために、自己学習、学習と修行が必要だと理解し、私が関わっている「高校作文教育研究会」に参加する人がたくさん出てくることを期待しています。

11月 08

高校作文教育研究会の11月例会(11月11日(日))の案内です

高校作文教育研究会は、中井が関わっている高校段階を中心とした表現指導の研究会です。

年に3・4回の例会と、夏には全国大会を開催しています。
関心のある方は、以下のブログから、研究会の活動の詳細を知ることができます。
また参加申し込みもできます。

高校作文研究会ブログ
http://sakubun.keimei-kokugo.net/

今回は、鹿児島の中俣さんによる看護学科での実践報告と討議です。
中俣さんは長く中学校での実践を積み重ねてきました。
退職後、看護学科に場を移し、中学での実践を基にすぐれた実践を積み重ねていて、そこでは今の若者たちの抱える問題がリアルに真摯に取り上げられています。
その実践が著書『若者たち、蟹工船に乗る』(青風舎)にまとめられ今月に刊行されます。
この刊行を記念しての学習会です。

なお、例会の時間が午後だけになっています。ご注意ください。

今回は直前の案内になってしまいすいません。
テキスト、『若者たち、蟹工船に乗る』(青風舎)は当日にお渡しできます。

1  期 日   2018年11月11日(日)13:00?16:30

2 会 場  鶏鳴学園
〒113?0034  東京都文京区湯島1?3?6 Uビル7F
ホームページ https://www.keimei-kokugo.net/
※こちらで地図をご覧ください

3 報告内容

『蟹工船』の授業で学生が変わるのはなぜか

鹿児島 神村学園  中俣 勝義

私は神村学園高等部看護学科で、『蟹工船』を、週一回木曜の午前に、一コマ90分の講義を二コマ教えている。
最初の一コマで、『蟹工船』を読み、次の一コマで、キーワードを中心に現代の社会状況と比べて、読みを深める。
または、その逆だったりする。

学生たちには毎回授業後に感想を書いてもらう。
それには自分の切実な問題を書いてくる学生もいて、それらを次の授業の中で皆で読み合う。

そうしたなかで、わずか7回しか顔を合わせない学生たちが自ら心を開き、変容していく姿が不思議でならなかった。
ある人は中俣先生だからできたことで他の人にできることではないという。
また学生たちも、どうして先生には心を開くのか不思議だとも書く。
しかしそれでは、個人の問題に矮小化されて実践の広がりにはならない。
そこで考えたのは、『蟹工船』にある、教師のことばにある、弁証法が子どもたちを揺さぶるのではないかということである。

今回の報告は、感想の中で「セフレ(セックスフレンド)としか見られないなら完璧なセックスフレンドになってやる!」と書いた女子学生が、『蟹工船』を学ぶなかで「私は16歳から本当の恋をしたことがありません。なぜか分からなかったのですが、『蟹工船』を読み深めていくうちに分かりました。それは、人から愛されることを望むばかりで、人を愛そうとしない、自分を愛そうとしないからなんだって分かりました」と書いてきた。
彼女がなぜ変容できたかをともに考えようというレポートである。

4 参加費   1,000円(会員無料)
 ※テキストをこちらからお送りした方は、本の代金と送料も当日お支払いください。

5 参加をご希望の方は、下記、高校作文教育研究会ブログ内のお問い合わせフォームにて、お申し込みください。
https://keimei-kokugo.sakura.ne.jp/sakubun-contact/postmail.html