5月 27

6月以降の中井ゼミの日程

月の前半は、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行い、
月の後半では、読書会を行う予定です。
いずれも日曜日で、午後2時開始予定です。
オンラインでの実施予定

「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

参加希望者は今からスケジュールに入れておいてください。また、早めに申し込みをしてください。
ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

5月
9日
23日

6月
6日
20日

7月
4日
18日

8月
8日 
22日

———————————————————–

春から、ヘーゲル哲学の原書購読を再開しました。

『法の哲学』を読んでいます。

原則として毎週月曜日の晩にオンラインで行っています。

参加希望者は早めに申し込みをしてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

6月 13

たびたびの変更ですみません。

6月21日曜日の中井ゼミは読書会を実施する予定でしたが、都合により中止し、
代わりに文ゼミと現実と闘う時間を行います。

6月に予定していたテキストは、マルクスの『経済学批判』の「序言」でしたが、これは8月以降の読書会で取り上げることにします。

———————————————————–

6月後半からのゼミ日程
ゼミは当面はすべてオンラインで行います。

毎回午後2時開始です。
参加費は1回2000円です。

参加希望者は早めに連絡ください。
ただし、参加には条件があります。

また、変更がありえますので、必ず確認してください。

6月
 21日 文章ゼミ+「現実と闘う時間」
「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

7月
 5日 文章ゼミ+「現実と闘う時間」
 19日 読書会
私の初めての哲学本『ヘーゲル哲学の読み方 ?発展の立場から、自然と人間と労働を考える?』(社会評論社)を検討します。

———————————————————–

ヘーゲル・ゼミをウェブで行っています。

ヘーゲルの『小論理学』の理念論を原書で読んでいます。
関心のある人は連絡ください。

参加希望者は早めに申し込みをしてください。
ウェブでの参加方法も、事前に指導します。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

6月 01

6月の読書会テキストの変更と、ゼミ日程を案内します。
ゼミは当面はすべてオンラインで行います。

私の初めての哲学本『ヘーゲル哲学の読み方 ?発展の立場から、自然と人間と労働を考える?』(社会評論社)が4月に刊行されました。

引き続いて、次はマルクスの唯物史観と唯物弁証法についてまとめる予定です。
5月以降の読書会では、そのために必要なテキストを読んで確認していくことになります。

6月21日日曜
マルクスの『経済学・哲学草稿』(岩波文庫)をテキストにすると案内しましたが、
マルクスの『経済学批判』の「序言」をテキストに変更します。
『マルクスの空想的社会主義』牧野紀之(論創社)に収録されているものを使用します。

マルクスの半生がその問題意識の発展に即してまとまっています。
ここで、マルクスの唯物史観、イデオロギー批判について、検討します。

7月19日日曜 
中井の『ヘーゲル哲学の読み方』(社会評論社)を検討します。

———————————————————–
5月以降のゼミ日程

毎回午後2時開始です。
月の前半は、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行い、
月の後半では、読書会を行う予定です。

「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

参加費は1回2000円です。

参加希望者は早めに連絡ください。
ただし、参加には条件があります。

また、変更がありえますので、必ず確認してください。

6月
 7日
 21日

7月
 5日
 19日

———————————————————–

ヘーゲル・ゼミをウェブで行っています。

ヘーゲルの『小論理学』の理念論を原書で読んでいます。
関心のある人は連絡ください。

参加希望者は早めに申し込みをしてください。
ウェブでの参加方法も、事前に指導します。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

———————————————————–

5月 12

5月以降の読書会テキストと、ゼミ日程を案内します。
ゼミは当面はすべてオンラインで行います。

私の初めての哲学本『ヘーゲル哲学の読み方 ?発展の立場から、自然と人間と労働を考える?』が4月に刊行されました。

引き続いて、次はマルクスの唯物史観と唯物弁証法についてまとめる予定です。
5月以降の読書会では、そのために必要なテキストを読んで確認していくことになります。

5月24日の読書会(開始時刻が午前9時になります)
マルクス「フォイエルバッハ・テーゼ」、牧野「フォイエルバッハ・テーゼの1研究」「労働と社会」の関連する部分を範囲とします。

中井の原稿「マルクスの『フォイエルバッハ・テーゼ』から考える」を検討することを、もう1つの柱とします。

6月
マルクスの『経済学・哲学草稿』(岩波文庫)から
「疎外された労働」「ヘーゲル弁証法と哲学一般との批判」を読みます。

7月 
中井の『ヘーゲル哲学の読み方』を検討します。

———————————————————–
5月以降のゼミ日程

毎回午後2時開始です。
月の前半は、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行い、
月の後半では、読書会を行う予定です。

「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

参加費は1回2000円です。

参加希望者は早めに連絡ください。
ただし、参加には条件があります。

また、変更がありえますので、必ず確認してください。

5月
 24日(この回のみ午前9時開始です)
 
6月
 7日
 21日

7月
 5日
 19日

———————————————————–

ヘーゲル・ゼミをウェブで行っています。

ヘーゲルの『小論理学』の理念論を原書で読みます。
関心のある人は連絡ください。

参加希望者は早めに申し込みをしてください。
ウェブでの参加方法も、事前に指導します。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

1月 21

ヘーゲル、マルクスの原書購読をウェブで行っています。

マルクスゼミ、ヘーゲルゼミで原書購読をウェブで行っています。

2月はヘーゲル『小論理学』の重要な個所を読みます。
3月はマルクスの労働過程論を読みます。

毎週火曜日の午前9時からを原則としますが、変更がありえます。
確認してください。

参加希望者は申し込みをしてください。
ただし、参加には条件があります。