1月 22

2月23日(日曜)の読書会テキストが決まりました。

読書会テキストは2つです。

(1)許万元の『ヘーゲル弁証法の本質』の第2編「ヘーゲル弁証法の3大特色とその根拠」(100ページほど)

 許さんが説明する、ヘーゲル弁証法の「歴史市柚木的見地」と「総体性の立場」を確認します。

 青木書店と創風社から出版されていますが、どちらでもかまいません。
アマゾンで入手できます。

(2)ヘーゲルの「始原論」、つまり「論理学〔という哲学体系の叙述〕は何から始めるべきか」(初版と再版の2つ)を牧野紀之の訳注で読みます。

テキストは、参加したい人にはお渡しします。
申し出てください。

開始時刻が午前10時からと、いつもとは違います。
お間違えの無いように願います。
場所は鶏鳴学園を予定しています。

参加希望者は申し込みをしてください。
遠距離の方や多忙な方のために、ウェブでの参加も可能にしました。申し込み時点でウェブ参加の希望を伝えてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は2000円です。

————————————————–

2月以降の中井ゼミの日程です。

月の前半は、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行い、
月の後半では、読書会+「現実と闘う時間」を行う予定です。

いずれも日曜日で、文ゼミは午後2時開始、読書会は午前10時開始予定です。
ただし、変更があり得ますから、確認をしてください。
読書会テキストは決まり次第、連絡します。

2月
 9日
 23日
 
3月
 8日
 22日

1月 13

1月26日(日曜)の読書会テキストが決まりました。

マルクスの『経済学批判』(岩波文庫)に収録されている「付録1」の中の「経済学批判序説」です。

この中の「3 経済学の方法」が有名ですが、それは原書で読み終えました。
それを踏まえて、全体を読みます。

マルクスの方法、マルクスの経済学がどのように前の経済学を批判的に超えようとしたのかが、書かれています。発展と内在的超出ですね。

開始時刻が午前10時からと、いつもとは違います。
お間違えの無いように願います。
場所は鶏鳴学園を予定しています。

参加希望者は申し込みをしてください。
遠距離の方や多忙な方のために、ウェブでの参加も可能にしました。申し込み時点でウェブ参加の希望を伝えてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は2000円です。

12月 15

来年2020年1月以降の中井ゼミの日程が決まりました。

いずれも日曜日で、午後2時開始予定です。
ただし、変更があり得ますから、確認をしてください。

月の前半は、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行い、
月の後半では、読書会+「現実と闘う時間」を行う予定です。
読書会テキストは決まり次第、連絡します。

「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

参加希望者は今からスケジュールに入れておいてください。また、早めに申し込みをしてください。
遠距離の方や多忙な方のために、ウェブでの参加も可能にしました。申し込み時点でウェブ参加の希望を伝えてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

1月
 12日
 26日

2月
 9日
 23日
 
3月
 8日
 22日

11月 30

2019年12月の中井ゼミについて

12月22日のゼミの予定はお伝えしてありましたが、
12月8日の日曜日も中井ゼミを行います。

いずれも日曜日で、午後2時開始。4時間ほどの予定です。
ただし、変更があり得ますから、確認をしてください。

毎回、文章ゼミ+「現実と闘う時間」を行う予定です。

読書会を行うときは、そのテキストなどとともに、連絡します。

「現実と闘う時間」は、参加者の現状報告と意見交換を行うものです。

参加希望者は今からスケジュールに入れておいてください。また、早めに申し込みをしてください。
遠距離の方や多忙な方のために、ウェブでの参加も可能にしました。申し込み時点でウェブ参加の希望を伝えてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。

11月 05

2019年11月24日のゼミについて

1.読書会を行います。
 牧野紀之著「労働と社会」(鶏鳴出版)を読みます。

 マルクスの唯物史観を、ヘーゲルにさかのぼり、論理的に考えたものです。
 それを、ここで再読し、唯物史観についての理解を深めたいと思います。

2.ゼミの開始を午前10時からとします。
 
遠距離の方や多忙な方のために、ウェブでの参加も可能にしました。申し込み時点でウェブ参加の希望を伝えてください。

ただし、参加には条件があります。

参加費は1回2000円です。